鹿目凛の出身高校や彼氏は?ツイッターやイラストも話題!でんぱ組.incと兼任!

鹿目凛の出身高校や彼氏は?ツイッターやイラストも話題!でんぱ組.incと兼任!

2014年6月14日に、ベースボールガールズとして初ステージに登場した鹿目凛さん。

「鹿目凛」という名前は、芸名です。

芸名の由来は、アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」の主人公に由来しているようです。

同年10月には、正規メンバーに昇格しました。

イメージカラーは、黄色です。

2016年4月に、ベースボールガールズは活動を停止してしまいました。

理由は、「前プロデューサーの業務上横領及び窃盗に関する刑事事件の手続き」のため活動を停止。

同年5月には、「虹のコンキスタドール黄組」として鹿目凛さんは再登場しました。

同年10月、鹿目凛さんは「全国アイドル選抜グラビア逸材発掘プロジェクト」でグランプリを獲得しました。

さらに、同年12月にはサキドルエースSURVIVAL SEASON6で巻末グラビアを勝ち取りました。

2017年、ドラマ「校則アイドル~淑女の学園~」に出演しました。

同年12月、鹿目凛さんがでんぱ組.incと兼任することが発表されました。

2018年1月、グループ名を「ベボガ!」に改名しました。

同年4月には、ベボガ!がメジャーデビューシングルをリリースしました。

しかし、同年9月に「ベボガ!」は解散することを発表しました。

 

ニックネームは、「ぺろりん」です。

ニックネームの由来について、

てへぺろが流行った時代に、ネット上でのハンドルネームをぺろりんこにして、アイドルを始めた時にぺろりんになったという感じです。

(出典:鹿目凛オフィシャルブログ Powered by Ameba|お祝い事、言いたい事)

と自身のブログでコメントしています。

キャッチフレーズは、

イラストも描けちゃうあなたの彼女(ハート)

です。

 

オタクジャンルは、DIYです。

好きなアニメは、非常に多くぬ~べ~、シュタインズ・ゲート、夏目友人帳などなどです。

鹿目凛さんは、趣味も多くイラスト、映画鑑賞、入浴、掃除などです。

掃除は、綺麗好きなため得意のようです。

また、「顔がムーミンに似てる」と言われるためムーミングッズを集めているようです。

そんな、鹿目凛さんの素顔をまとめてみました。

 

Advertisement

鹿目凛の出身高校や年齢は?彼氏はいるの?

 

鹿目凛(ぺろりん先生)さん(@kaname_rin)がシェアした投稿

埼玉県出身の鹿目凛さん。

鹿目凛さんの出身中学校は、調べてもわかりませんでした。

ちなみに、中学生の時は剣道部だったようです。

鹿目凛さんが通っていた高校について調べてみました。

鹿目凛さんは、以前自身の過去ブログで

鹿目凛 高校3年生18歳
夜間学校に通いながらアイドル活動をしています。
LIVEが平日の夜もあるのですが、夜間学校の為 時間が被ってしまいます。
学生だから学業優先にするのは当たり前。
でも、今日のLIVEも私が出ないとここたん1人になってしまったり 他のメンバーやファンの皆様 いろいろな方に迷惑をかけてしまいます。
出来るだけ、LIVEを休みたくないのです。
でも、最近それが続いてしまって
単位や出席が少し危なくなってきました。
授業に参加しないとテストの問題もやはり分からないのです。
私の学校は4年生制なので 進級が出来ないとまた3年生をやり直す事になってしまうのです。

(出典:ぺろりん図書館|妥協したくない)

とコメントしていました。

そこで、埼玉県の夜間主高校を調べてみると埼玉県立春日部高等学校がでてきました。

しかも、鹿目凛さんが言っていたように4年制です。

そのため、鹿目凛さんは埼玉県立春日部高等学校に通っていたといわれています。

高校では、生徒会の会計をしていたようです。

鹿目凛さんは、大学に進学していないようです。

アイドル活動に専念するためでしょう。

 

鹿目凛さんの年齢についても調べてみました。

鹿目凛さんは、1996年生まれです。

そのため、2017年に20歳になりました。

鹿目凛さんの彼氏についても調べてみました。

しかし、何も情報は出て来ませんでした。

鹿目凛さんに、スキャンダルはないようです。

鹿目凛のツイッターが話題!イラストレーターぺろりん先生でも活躍中!

 

ツイッターで話題になった、「彼女と〇〇なう」に使っていいよというフレーズ。

橋本環奈さんなど、多くの芸能人の間でで大ブームになりました。

実は、初めて「彼女と〇〇なう」に使っていいよを始めたのが鹿目凛さんです。

始まりは、2017年2月18日に投稿されたツイッターです。

その投稿が、こちらです。

その後も、「彼女とデートなう」を投稿し続けています。

この「彼女とデートなう」シリーズは、鹿目凛さんとメンバーでネットで話題になるように考えたようです。

実際に、狙った通り200〜300人くらい一気にフォロワーが増えています。

しかし、世間には信じてもらえなかったようです。

鹿目凛さんが、発信元だとアピールしても「パクリ」だと言われてしまったそうです。

鹿目凛さんは、残念で仕方ないお気持ちでしょう。

 

鹿目凛さんは、イラストレーターとしても活躍しています。

そのイラストは、「アイドルとそのヲタクを描いたイラスト」というものです。

そのイラストがこちらです。

ベボガ!の名前が知られるようになったきっかけも、鹿目凛さんのイラストからでした。

2015年夏ごろに、AKB48の指原莉乃さんや元AKBの松井玲奈さんなどに注目されたためです。

そのため、鹿目凛さんのツイッターのフォロワーが急増したのです。

その後、ベボガ!にも注目が集まるようになりました。

2016年には、鹿目凛さんのイラストを元にしたLINEスタンプも発売されました。

また、同年3月、月刊ENTAMEで4コマ漫画「ぼっちアイドルまいまい。」の連載がスタートします。

ぺろりん先生名義で鹿目凛さんが連載しています。

さらに、206年6月には「でんぱ組.inc×ファミリーマートキャンペーン」のイラストを描いたこともあります。

鹿目凛さんが、イラストを描き始めたきっかけについて

自分の伝えたいことを言葉にするのが苦手で、思いつきでイラストで表現してみた

(出典:鹿目凛オフィシャルブログ Powered by Ameba|ほとんど趣味の自己紹介)

と自身のブログでコメントしています。

マルチな才能にあふれている鹿目凛さん。

今後も、どんどん活躍の場を広げて欲しいですね。

 

Advertisement

鹿目凛がでんぱ組.incと兼任!写真集ぺろりんも発売!

 

鹿目凛(ぺろりん先生)さん(@kaname_rin)がシェアした投稿

でんぱ組.incとの兼任が発表された鹿目凛さん。

それと同時に、虹のコンキスタドールの根本凪さんの兼任が発表されました。

実は、でんぱ組.incは、最上もがさんが脱退したばかりでした。

そのため、新メンバーを加入させる必要があったのです。

この状況にファンは、

ちょっと気持ちの整理がつかん…
ファンキルやってくる…

結果としてメンバー追加は良かったんじゃないかな
5人のままでも先細り確定だったんだし
もがパートを誰かに歌わせなきゃならなかったし
拒絶する人の気持ちもわからなくはないが
ついてこられない人は卒業して良い思い出のままにしたら良い
逆にこれを期にファンになる人もいるだろう

(出典:旧 地下アイドルまとめブログ |ぺろりん先生が、でんぱ組.incに加入すること…)

とコメントしています。

ファンの中でも賛否両論にかれているようです。

しかし、鹿目凛さんにとっては良かったのではないでしょうか。

兼任が決まった際のブログで、鹿目凛さんは

2012年 学生時代
学校に行けず毎日泣いていた私がたまたま見つけた でんぱ組.incの『W.W.D』のMV

その時の私の現状や心境にぴったりで、
”私のように引きこもっていた子達が、今アイドルとして輝いてる” ”人間って変われるんだな”

ずっと嫌なことから逃げていた自分に大きく突き刺さりました。

そこから、『私もでんぱ組.incみたいなアイドルになりたい!』とアイドルを目指し始めました。

(出典:鹿目凛オフィシャルブログ Powered by Ameba|でんぱ組.incに加入しました。)

とコメントしています。

鹿目凛さんが、アイドルになろうと思ったきっけがでんぱ組.incだったようです。

鹿目凛さんは、憧れのアイドルにもでんぱ組.incの古川未鈴さんと答えています。

憧れのグループで活動する、鹿目凛さんを応援していきたいですね。

 

そんな、鹿目凛さんが写真集「ぺろりん」を発売しました。

2018年1月11日発売で、ファースト写真集です。

実は、鹿目凛さんのグラビアは大変好評です。

理由は、非常にグラマーな体型だからです。

そのため、水着も収められている写真集は好評のようです。

鹿目凛さんの写真集は、下記から購入できます。

 

まとめ

でんぱ組.incと兼任することになった鹿目凛さん。

マルチに活動しているため、運営側に期待されているのでしょう。

でんぱ組.incとして活動することで、さらに活動の場を広げていくのではないでしょうか。

ベボガ!の解散は悲しいですが、鹿目凛さんがその分でんぱ組.incに専念できるでしょう。

この時期に、どれだけ飛躍できるかがポイントです。

でんぱ組.incカテゴリの最新記事